合計数量:0

商品金額:0円

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

スマホカバーの印刷方式

スマホカバー(ケース)の印刷技術解説ページです。随時更新していきますので、是非ご参考下さい。

■スマホカバーの印刷方式


  • 現在スマホカバーにプリントを行う印刷方法は主に4種類あります。
  • それぞれに特徴がありますので、比較検討下さい。

・UVインクジェット方式


  • インクジェットプリンターを使用し、安価で、印刷精度も早く正確なので、大量生産に向いている。
  • スマホケースの材質を選ばず印刷できるが、鮮やかさに欠け、色表現にも限界がある。
  • 側面印刷を行った場合、角部分はぼやけてしまう。

・顔料プリント方式


  • UVインクジェット方式と同様、顔料系のインクで、鮮やかさと品質はこちらが上だが、生産能力は低い。
  • ただ、スマホケース側面の印刷に弱く、角で絵柄がずれたり上下にボケが出る。

・水圧転写方式


  • 水を利用してフィルムを転写しプリントする方式。
  • 鮮やかに印刷できるが、単色部分が多いデザインの場合、ムラの様な模様が出現することがある。
  • またデザインとスマホカバーを合わす作業は手作業の為、プリントにずれが生じることがあり、生産能力も低い。
  • 複雑な形状のものにも転写出来るので、ケースの側面にもプリントできるが、ケースやカメラ穴の端などには印刷が入りづらく、印刷が薄くなる事が多い。

・曲面印刷方式


  • huru niaのハードケースで使用している印刷方式。
  • 他の方式の弱点を克服したプリント技術で、染料系のインクを使用し、抜群の鮮やかさと精度を誇る。
  • 印刷精度も高く、スマホカバーの側面やカメラ穴のキワなども綺麗に印刷できる。
  • 欠点としては、白インクが使えないので白いケースを用意しなければならないこと、他の方式より単価が高い事が挙げられる。
  • smartphone-insatsu-sankou

  • 曲面印刷方式でプリントしたスマホカバー。デザインはMiRA氏の「All is full fo love」。