合計数量:0

商品金額:0円

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

クール・ダーク&ビューティ スマホカバー特集 Vol.1

カッコよくて&耽美な美しさ溢れるカバーの特集です



まずは、陰影のあるカッコいいイラストを世に送り出す、兄弟ユニット「ナイスブリード」のスマホカバーから、「Hide And Seek」です。



  • cool_dark
    細かく描き込まれた花模様に、金魚が隠れるようにレイアウトされているスマホカバーです。ツタの繊細なラインが、高精細印刷でバッチリ表現されていて、とても綺麗な仕上がりになっており、和柄の様な雰囲気も感じさせます。私の撮影技術の無さで、ピンボケ気味に写っていますが、本物はクリアに印刷されていますので、ご安心下さい。今回撮影に使用したケースはAquos Phone Zeta用になります。


  • cool_dark
    cool_dark
    側面のグラフィックも歪みやカスレなど無く、きっちり印刷されています。


  • cool_dark
    cool_dark
    アップで撮影してみました。この凄まじい描き込み、いかがでしょうか?すごいですね…

  • 続いて同じくナイスブリードのスマホカバー、「Hungerstrike」です。
  • cool_dark
    正面に描かれたリアルなライオンの横顔と、シャア専用並みの赤色がカッコいい!余計な装飾や色は省き、シンプルで完成されたカバーとなっています。
  • cool_dark
    cool_dark
    カバー側面。曲面のツルッとした光沢が美しいです。
  • cool_dark
    少し引き気味で撮影。このカバーの良さが最も伝わると思います。


  • 続きまして、クール&ファンキーなアートセンスが抜群な、北欧の若きアーティスト ニコラスの人気カバー「Monkey Business Green」です。
  • cool_dark
    ヘッドホンをつけたサルのイラストが、裏原系を彷彿とさせる、クールでオシャレなスマホカバーです。こちらは背景がホワイトのカバーもあります。撮影にはAquos Phone Zeta用のケースを使用。
  • cool_dark
    cool_dark
    側面写真。クリア仕上による、ツヤッツヤの質感が印象的です。
  • cool_dark
    cool_dark
    サルのシルエットから飛び立つように、蝶が描かれています。一見ラフなイラストに見えますが、細かい部分にも遊び心を感じる演出がなされています。


  • さて、ここから、徐々に美しさを追求したスマホカバー達に移りたいと思います。
  • cool_dark
    フェリシアの「Nasimeh」です。少し上目遣いに見上げる、切なげな女性の表情が素晴らしい!髪の毛や装飾品の綺麗な色使いもいいですね。写真はXperia VLのケースになります。
  • cool_dark
    cool_dark
    カバー側面もキッチリ印刷されています。このデザインのケースレイアウトは、私が担当したのですが、顔が上手く正面に来るように何度も調整し、とても苦労したカバーです。


  • cool_dark
    cool_dark
    このイラストの目力を感じて頂くべく、アップで撮影。この美しさはタダ者じゃありません。


  • Nasimehの美しさを堪能した後は、ダークなエッセンスを加えたカバーはいかがでしょうか。
  • cool_dark
    イヴェタの「Sonnet」になります。美しく妖しげな花や、ベージュとオレンジの色使いが、独特のオーラを放つ、超個性的なスマホカバーです。ケースはXperia AXのものになります。
  • cool_dark
    cool_dark
    側面に回り込む花のイラストが、立体的でカッコいいです。
  • cool_dark
    cool_dark
    とても力の入った精緻な描写に脱帽です。ここまで時間をかけて、丁寧に作られたスマホカバーデザインは、日本に無いのではないでしょうか。素晴らし過ぎる…


  • 最後は少し趣向を変えて、オランダのデジタルアーティスト デザレイのカバー「Le Jou Viendra」をご紹介します。
  • cool_dark
    近未来的なサイバー空間に、ブルーの羽のような物体が舞っています。ダークでクール、そして美しいスマホカバーです。タイトルもカッコいい!使用ケースはXperia VLになります。
  • cool_dark
    cool_dark
    側面から見ると、ブルーの色変化が良く分かり、溢れんばかりの躍動感を感じて頂けると思います。
  • cool_dark
    丁度良い角度で撮影してみました。下の方に見える赤色がアクセントになり、デザインに深みを増しています。
  • cool_dark
    超高精細印刷で、コンピュータグラフィックの特長である、計算し尽くされた精緻なビジュアルも、しっかり再現されています。


  • クール・ダーク&ビューティと題してお送りしました、今回の特集は、いかがでしたでしょうか?これからも色んなカテゴリーを、どんどん紹介していきますので、ご期待下さい!